スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BK

『ブタがいた教室』(ぶたがいたきょうしつ)は、黒田恭史の書籍『豚のPちゃんと32人の小学生 命の授業900日』(ミネルヴァ書房 2003年)を原案とした、2008年11月1日公開の日本映画。
4月、6年2組の新任教師の星はこどもたちに「先生はこのブタを育てて、最後にはみんなで食べようと思います。」と提案。6年2組は騒然となる。ブタにPちゃんと名づけ、校庭に小屋をつくり、交代しながらえさやりから掃除、糞尿の始末まで生まれて初めての作業に戸惑う子どもたちであったが、やがてPちゃんに家畜としてではなくペットとしての愛着を抱くようになっていた。卒業の時は迫り、星はPちゃんをどうするかみんなで話し合って決めてほしいと提案。クラスの意見は「食べる」「食べない」に二分する。

[高画質で再生]

BK





スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

動物愛護 映画館へようこそ

Author:ARシアター館長です
動物の権利、命の尊さを、映像を通して何かを感じ、皆さんと一緒に考え行動していきたいと思っています。
ヘルプアニマルズ http://www.all-creatures.org/ha/
菜食のススメ http://saisyoku.com/

スポンサードリンク
最新記事
カテゴリ
お客様数
スポンサードリンク
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。